大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

2006年度温室効果ガス排出量(確定値)
2006年度(平成18年度)の温室効果ガス排出量(確定値)が公表されました。
これによると、温室効果ガスの総排出量は二酸化炭素に換算して約13億4,000万トン
でした。これは、平成17年度の値(約13億5,800万トン)と比較して約1.3%
(約1,800万トン) の減少で、京都議定書の規定による基準年(原則として1990年)
の総排出量(約12億6,100万トン)と比較すると、約6.2%上回る値でした。
また、京都議定書に基づく吸収源活動の排出・吸収量を算定した結果、平成18年度は
約3,800万トンの吸収となりました。これは、基準年総排出量の約3.0%に
相当します。詳しくは、環境省ホームページを参照ください。