大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

日本での国家的二酸化炭素排出量削減活動推進の基礎として施行された法律の一つ
「地球温暖化対策の推進に関する法律」
大分県知事の委嘱により、平成18年4月より特定非営利活動法人地域環境ネットワーク
が、大分県地球温暖化防止活動推進センターを運営しております。

   注:この法律は、改正案が修正可決されております
   衆議院先議・参議院可決  平成20年 6月 6日
   交   付            平成20年 6月13日
   施   行            一部を除き、平成21年4月1日より

   関係規定条項
   ・第23条    地球温暖化防止活動推進員
   ・第24条    都道府県地球温暖化防止活動推進センター
   ・第26条    地球温暖化対策地域協議会

昨今、とみに日本にも異常気象と環境の変化がもたらされている事は、
皆さんが実感されていることでしょう。平成19年2月発表された
IPCC第4次報告では、生態系の変化さえも引き起こしている今の気象異変の原因が、
地球を包む「温室効果ガス」
(http://www.jccca.org/content/view/82/490/)の主要素・二酸化炭素などを、
人間社会が多量に排出し続けたことによる可能性が強いとしております。

人間社会が、このまま二酸化炭素を排出し続けることへの危機感から京都で開催された
第3回世界会議での議決「京都議定書」の約束期間も、今年から始まっていますし、
H20年7月に開催される洞爺湖サミットも、地球温暖化問題が主要議題として
予定されています。

その「京都議定書」を契機に制定された「地球温暖化対策の推進に関する法律」
の定めにより、各県が民生部門での地球温暖化対策に関する普及啓発活動を
行う担い手として、都道府県地球温暖化防止活動推進センター、
地球温暖化防止活動推進員及び地域協議会を設けております。

大分県地球温暖化防止活動推進センターでは、以上の趣旨により、推進員の研修事業、
地域協議会への支援、県民への地球温暖化対策に関する普及啓発活動を
推進しております。