大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

平成19年度 第2回推進員候補者研修会
開催日:平成19年12月9日(日)
会場:大分県総合社会福祉会館3階大研修室
午前中に候補者のみの講習後、午後は第3回推進員研修会に一旦合流し、
最後のワークショップは、候補者だけで行った

スケジュール:
<推進員候補者のみでの研修>
9:35―9:45 挨  拶 大分県地球温暖化防止活動推進センター長 三浦 逸朗
9:45―10:15 講  習 推進員の役割と大分県の温暖化の実態及び取組
       大分県生活環境部生活環境企画課主幹  御沓 稔弘 氏
10:20―11:05 活動発表 「既存地域協議会の設立経緯と設立後の活動」
       既存地域協議会(津久見市、中津市、豊後大野市、大分市
       地域協議会の役割と新規立上げ
<オープンセミナー> (自由参加)
11:10―12:00 連絡会 既存、立上準備中・計画中 等関係者「地域協議会連絡会」

<推進員と合流しての推進員候補者研修>
12:40―12:50 挨  拶 大分県地球温暖化防止活動推進センター長  三浦 逸朗
12:50―13:10 講  演 県の温暖化対策の実績と今後の推進員の役割
       大分県生活環境部生活環境企画課主幹      御沓 稔弘 氏
13:10−13:50 講  演 環境の変化による災害について
       社会福祉法人大分県社会福祉協議会       村野 淳子 氏
13:50−14:20 講  演 「橋渡し役としての使命 〜全国のなかまたちのとりくみ〜」
       全国地球温暖化防止活動推進センター      太田 統 氏

<推進員候補者のみでの研修>
14:30―16:30 講  演 ワークショップ 推進員として推進活動をするに当っての基礎知識
       大分県地球温暖化防止活動推進センター理事   桑野恭子
(終了16:30)

第1回の候補者研修会では、午後の講座を全て推進員と一緒に受講して貰う形式を
採用したが、推進員になるまでにまだ半年以上ある第1回開催点に引き換え、
第3回の場合は、推進員委嘱までの期間も短く、推進員委嘱後直ぐに即戦力として
活動してもらわなければならないことに鑑み、ワークショップは、候補者だけで、
具体的な20年度の活動を志向した別個のワークショップを開催した。
参加者全員に、現在活動している内容を発表して貰ったが、研修会終了後、
情報ネットワーク結成と協同事業の約束がされたと、数件の報告を受けた。

また、第1回の候補者研修会での午前中の講座では、全国レベルの推進員活動の
学習に眼点を置いたが、今回受講者は、即戦力として求められていることと、
第1回とほぼ同等レベルの人材であることから、既に、推進員に限らない地域組織を
形成して活動している既存の地球温暖化防止対策協議会で、率先活動
している4氏にその活動実態と協議会立上の経緯を披露して貰った。

(その余の関連記事としては、第3回推進員研修の項を参照下さい)

事業名称:第2回推進員研修会
開催日時:平成19年12月9日(日) 30分間
参加対象:推進員候補者
講師発表者:那賀久資氏(大分県生活環境部生活環境企画課主幹)
司会者:三浦逸朗
参加者:?

テーマ:推進員の役割と大分県の温暖化の実態及び取組

【当講座の目的・目標】
第1回目の研修会で、地球温暖化防止活動推進員についての基礎的な役割に
ついて解説をした。本講座では、現在各地域で活躍している推進員の活動を
取り上げながら、地域においての地球温暖化対策推進の参考にして頂き、
活動して頂くことを目的とする。

【講師からのコメント】
大分県内の平成17年度の温室効果ガス排出量(速報値)が発表され2005年度の県内に
おける温室効果ガス排出量は、4080万3千t-CO2で、基準年(1990年度)比10.1%増、
前年度比2.5%増となった。益々削減は難しくなっています。益々の温暖化対策に対して
県民・企業共に頑張らなければなりません。地域での地球温暖化の基礎的知識や
対策について、アドバイスして、目標の温室効果ガスを減らしましょう。

【内容】
前年度から排出量の増加は、運輸部門からの排出量が減少した一方で、
厳冬などによって家庭、業務部門からの排出量が大きく伸びたこと、また、
製造業における製造品出荷額の増加によって、産業部門からの排出が伸びたことが
大きいと考える。
このことからも、推進員の皆様に、一層の地域での啓発活動に励んでいただきたい。また、
先輩である推進員の方々は、現在、連携を図るため、県内全域に地域温暖化対策
推進協議会が立ち上げ始めています。地域で協議会が設立していれば、
率先して参加して、先輩達の知識や経験を吸収してください。
地域温暖化対策推進協議会についての問い合わせは、県もしくは
県センターにご相談ください。

【センター長・三浦からのコメント】(当研修の成果)
昨年から県と協同で、各地域での地域温暖化対策推進協議会の設立のお手伝いを
していますので、候補者の方々が推進員になった際は、小まめに情報提供をし、
先輩推進員と連携し、活動して頂けるよう努力したいと考えています。

平成19年度第2回推進員候補者研修会







事業名称:第2回推進員研修会
開催日時:平成19年12月9日(日) 120分間
場所:大分県総合社会福祉会館3階大研修室
参加対象:推進員候補者
講師発表者:桑野恭子氏(大分県地球温暖化防止活動推進センター理事)
司会者:桑野恭子
参加者:?

テーマ:推進員として推進活動をするに当っての基礎知識

【当講座の目的・目標】
県センターの推進員支援についての説明
自己紹介(プレゼンテーションの基本練習)
推進員としての活動計画を立てる(イメージをつくる)

【内容】
県センターの推進員支援についての説明
県センターが、推進員の活動を支援するために設けているメニューを紹介。
自己紹介(プレゼンテーションの基本練習)
推進員になると、講師や指導者として色々な場所で話をする機会が増える。そこで、
講師としての基本的な心構え(話し方や時間の組み立て方、道具の用い方等)
を話した後に、1人3分間の割り当てで「自己紹介」をしていただき、その際の話の
仕方などについて振返りを行った。
推進員としての活動計画を立てる(イメージをつくる)
次回の研修では、「平成20年度の推進員としての活動計画」を作成していただくことを
予告し、参考として、現在の推進員の主な活動内容を紹介した。

【センタスタッフからのコメント】※講師を担当
今なお、推進員の中に「何をすれば分からない」「人に伝えるなんてとんでもない。」
という方が多い。しかし、温暖化防止を「地域に普及させること」が推進員の
重要な役割の一つであることを、候補者の段階から強く認識していただくことを
目的として、今回のプログラムを実施した。人前で話しなれていない方や、
実践すべき行動が発見できていない方には、何らかのキッカケをつかんで
いただけたのではないかと思う。また、人前で話しなれてる方や、実践の場を
数多く踏んいらっしゃる方にも、知らず知らずに身についてしまっているクセや
固定概念等に気づいていただければ、という願いもあったが、
こちらについては・・・。どうでしょうか?(桑野恭子)

平成19年度第2回推進員候補者研修会