大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

出前講座・大分市立滝尾中学校
大分市立滝尾中学校主催:大分市立滝尾中学校
開催日:平成19年10月23日
場所:大分市立滝尾中学校
スタッフ:桑野恭子、三浦逸朗
外部協力:
大分県ブランド推進課・本山氏
NPO九州自然エネルギー推進ネットワーク・小坂氏
大分県河川課・姫野氏
NPO河童倶楽部・幸野氏
NPO地域環境ネットワーク・久保田氏
大分市清掃管理課・矢野氏
出席者:大分市立滝尾中学校1年生全300名

大分市立滝尾中学校テーマ:環境について学ぼう

滝尾中学校の1年生は、2学期の総合的学習の
時間を利用して環境学習に取り組むこととなり、
その最初の授業として県センターが講師に
招かれた。
1年生の全8クラスは事前にクラスごとのテーマ
(食・町づくり・エネルギー・災害・水・廃棄物・
地球環境)が割り当てられており、そのテーマにそって学習・調査をすすめ、12月の
授業参観日に発表会を行うことが事前に決められていた。
そこで、1時限は1年生全生徒を対象に地球温暖化の基礎と、各クラスのテーマが
互いにどのような関連性を持っているかについて講義を行った。
その後、各クラスに分かれて、クラスごとのテーマを専門とする方々からの詳しい授業を
行った。