大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

おおいたコンテスト 表彰式開催

日時:平成19年9月18日(火)13:00〜15:00
場所:i-ichiko総合文化センター(県民ギャラリー)

出席者:
【審査委員】
・浅野総一 (大分合同新聞社、編集局次長兼経済部長)
・小野ひさえ(大分県生活学校運動推進協議会、会長)
・川野田實夫(大分大学教育学部、教授)
・高砂和郎 (日本放送協会大分放送局、放送部長)
・仲上健一 (立命館大学政策科学部教授・国際機構長)
・山口泰久 (知財開発投資蝓⊆萃役ジェネラルパートナー)
・蒲原学  (大分県生活環境部生活環境企画課、課長)
・三浦逸朗 (大分県地球温暖化防止活動推進センター、センター長)【※審査委員長】

【受賞者】
・日田市
「バイオマス資源化センターの建設と本格移動」(大分県知事賞)
「日田市学校版環境ISO認定制度」(NHK大分放送長賞)
・NPO法人九州・自然エネルギー推進ネットワーク
「太陽光発電によるクリーンな電気の産直「県民共同発電所」運動」(大分合同新聞賞)
・玖珠町立八幡小学校
「環境:はじめの一歩【自分たちにできること】運動」
(大分県地球温暖化防止活動推進センター長賞)
・大分市
「ごみ減量預金事業」(シティ情報おおいた賞)

■表彰式の模様
‐涵および商品の授与
今回、審査委員長をつとめた大分県センター長・三浦よりご挨拶を差し上げた後、
地元メディアの取材を受ける中、賞を提供して下さった5団体の代表の方から、
受賞者の皆さんへ賞状および商品が授与された。
(写真:左上から順に、大分県センター三浦、日田市2枚、NPO九州自然、八幡小学校、
大分市)

おおいたコンテスト





おおいたコンテスト







⊆賞者のプレゼンテーション
各受賞者から5分間程度、受賞した事例についてプレゼンテーションを行っていただいた。
(写真:左上から順に、日田市2枚、NPO九州自然2枚、八幡小学校2枚、大分市2枚)

おおいたコンテスト





おおいたコンテスト













3匿該紺からの講評
浅野委員より、コンテスト開催の主旨や審査方法などについてご説明があった後、
各委員から講評をいただいた。
最後に、仲上委員からコンテストの総評および温暖化にまつわる国内外の動向について
お話をいただいた。
(写真:左上から順に浅野委員、川野委員、高砂委員、山口委員、小野委員、仲上委員)

■各審査員からの評価・アドバイス
おおいたコンテスト





おおいたコンテスト