大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

平成19年度 第1回推進員候補者研修会
開催日:平成19年6月16日(土)
会場:i-nessアイネス(大分県消費生活・男女共同参画プラザ) 2階大会議室
スケジュール:
<推進員候補者のみでの研修>
10:00―10:05 事務連絡
10:05―10:15 挨  拶 大分県地球温暖化防止活動推進センター長  三浦 逸朗
10:15―10:55  講 習 大分県の温暖化の実態と推進員の役目・推進員の心構え
       大分県生活環境部生活環境企画課主幹 御沓 稔弘 氏
11:00―12:00 講  演 地球温暖化防止啓発活動における企画立案のヒント
       蠻酳麁押.▲ウントディレクター 櫻井 雅敏 氏)

<推進員と合流しての推進員候補者研修>
13:10―14:10 仲上 健一 氏 立命館大学教授・国際機構長
       地球温暖化対策とIPCC第4次報告書
14:10―15:10 上原 正昭 氏 大分地方気象台 防災業務課 防災業務課長
       地球温暖化と異常気象について
15:20―15:40 御沓 稔弘 氏 大分県生活環境部生活環境企画課主幹
       地域協議会の役割と新規立上げ
(17:00終了)

当候補者研修会の受講者は、「活発に活動している推進員が、現に活動しているか、
一緒に活動している人として推薦してくれた人」や「地域で活動して貰うについて、
既に何らかの活動実績を持ち、地域で率先活動をして貰えるか指導者的存在に
なれる人として、各市町村に推薦してもらった人」が大半である。
従って、午前中は、推進員として活動してもらうについての基礎知識を習得して
貰うことをテーマとして、大分県からの「大分県の地球温暖化の実態と推進員の
役目に関する講話」をお願いした。
引き続き、全国的な地球温暖化防止活動の実態を学習して貰うために、全国ネットを
持つ博報堂さんに講師派遣頂いて、事例を踏まえた推進員活動の企画立案の
仕方についての講演をして貰った。

前記したとおりの受講者のレベルである事を考慮し、午後は推進員講習会に合流し、
2月のIPCC4次報告書の内容を主テーマとしたグローバルな知識習得のための
立命館大学教授・国際機構長・仲上健一氏の講演、地元大分県や九州の
異常気象実態に係る内容を主体とした大分地方気象台 防災業務課 防災業務課長
・上原正昭氏の講演、の受講に引き続き、地域連携に係る地域協議会の
実態習得のための大分県の講話を聞いて貰った。

引き続きグループに分かれて意見・情報交換のワークショップに入ったが、
前記したとおりの受講者のレベルの高さを裏付けるかのように、9グループの
代表発表者のうち2グループで候補者が発表者に選出された。

事業名称:第1回推進員研修会
開催日時:平成19年6月16日(土) 40分間
参加対象:推進員候補者
講師発表者:御沓稔弘氏(大分県生活環境部生活環境企画課主幹)
司会者:三浦逸朗
参加者:?

テーマ:大分県の温暖化の実態と推進員の役目・推進員の心構え

【当講座の目的・目標】
地球温暖化対策は、幅広い知識だけでなく、温暖化対策に興味がない人や
なかなか行動できない人を巻き込み国民運動していくことが重要です。
地球温暖化防止活動推進員は、地域での行動を促す重要な役目を担う
キーパーソンであること理解して頂き、県、県センターと連携して地球温暖化対策に
協力して頂くこと理解して頂くことを目的とする。

【講師からのコメント】
「大分県地球温暖化防止活動推進員」(のち推進員と呼ぶ)は、民生部門における
温室効果ガスの排出量を削減するために、地球温暖化対策の推進に関する
法律第23条の規定(のちに温対法と呼ぶ)に基づき、大分県では、200名以内の推進員を
委嘱しています。
現在、151名です。今後、県では、県センターと協力して、200名の推進員を委嘱し、
各地域で活躍していただくことを望んでいます。

【内容】
推進員は、温対法に基づき、規定されています。県から委嘱され、任期は2年間です。
活動につては、地域住民に、省エネルギー・代替エネルギー、省資源・リサイクルなど
自ら率先して取組みように普及させるとともに地域住民の相談に対して助言することです。
活動報告については、県から半年後とに専用の様式に記載し、報告ください。また、
交通費程度の支援にしかなりませんが、報告書提出者の方には、謝金を支給しています。
推進員は、県・県センターと連携し、地域での活動を行って頂きます。
本講座で、受講した大分県新環境基本計画、大分県地球温暖化対策地域推進計画を
基に、地域で活動してください。

【センター長・三浦からのコメント】(当研修の成果)
大分県センターも大分県と協力して、「大分県地球温暖化防止活動推進員」の支援を
しています。現在、推進員専用のメール配信も行っていますので、メール受信できる方
の登録を呼びかけました。また、センターには、地域で説明するパンフレットやパネルが
あり、推進員が利用しやすいようより充実させなくてはと考えている。

平成19年度第1回推進員候補者研修会








事業名称:第1回推進員研修会
開催日時:平成19年6月16日(土) 60分間
場所:アイネス2階大会議室
参加対象:推進員候補者
講師発表者:櫻井雅敏氏((株)博報堂アカウントディレクター)
司会者:三浦逸朗
参加者:?

テーマ:地球温暖化防止啓発における企画立案のヒント

【当講座の目的・目標】
様々な活動しているが、なかなか地球温暖化防止活動が、県民に対して通じない。
そのような声を各推進員から聞きます。同様に、温対センターのスタッフも同様に
感じています。
本講座では、どのように、地球温暖化問題について、県民に知らせ、考えてもらい、
行動してもらえるかをテーマに、特に地球温暖化問題に無関心な市民に対して、いかに
「振り返らせる」を研修することを目的とする。

【講師からのコメント】
地球温暖化防止啓発活動の企画立案におけるポイントについて、広告代理店
としての立場から、実例を交えながら、お話ししていきます。

【内容】
地球温暖化問題に関する情報環境は、現在、非常に整っています。
新聞記事検索(出展;日経テレコン)をすると昨年2006年4月の718件から1年で2.4倍増え、
1739件になっています。また、今年は、大変環境情報が豊富で、IPCC第4次レポート
の公表、「不都合な真実」アカデミー賞ドキュメント部門受賞、ポスト京都議定書に
向けた主導権争いなど挙げたらきりがないほどです。今後、地球温暖化の情報は、
量だけでなく質も向上し、国民の意識も温暖化防止の機運も高まっています。しかし、
多くの国民は意識があっても行動に移せていません。
現に、温室効果ガスは、削減するどころか増加しています。それでは、どのように上手に、
具体的な温暖化対策の行動に結びつけるのか。多くの推進員の方々、
漠然と啓発活動をしていませんか。すべての国民を相手にすることは出来ません。
必ず伝える相手を設定し、どのような社会をつくるのかを計画し、アプローチしてください。
そして伝えるテクニックは、「ギャップ」を上手に使うことです。
地球温暖化のみでアプローチしても、なかなか振り向きません。ぜひ、
これらのポイントを参考に、地域での活動の参考にしてください。

【センター長・三浦からのコメント】(当研修の成果)
広告代理店のように、上手に表現することは、なかなか難しいですが、
伝えるメッセージをしっかり持ち続け、継続して、地球温暖化防止を
訴え続けなければならないと再認識しました。県センターとしても、なんとしても
温室効果ガスの排出量を削減するべく、県、推進員と一体となって活動して
いかなければと考えています。

平成19年度第1回推進員候補者研修会