大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

平成18年度 第3回推進員候補者研修会
開催日時・場所:
第3回A 平成19年1月26日(金) 於:大分県庁302会議室
第3回B 平成19年1月27日(土) 於:ライフパル(大分市府内町)会議室
スケジュール:第3回A・B共通
13:00-13:10  開会の挨拶及び事務連絡
13:10-14:10  大分県からの講習 大分県生活環境部生活環境企画課
          主幹 御沓 稔弘 氏
14:20-15:20  講演

A日程 テーマ:「推進員として心掛ける『伝える』ための工夫」
  桑野恭子氏  大分県地球温暖化防止活動推進センター理事
B日程  テーマ:これからの環境啓発 〜環境リテラシーを高める啓発を考える〜
  内田洋子氏  高知県地球温暖化防止活動推進センター理事
           NPO法人高知市民会議専務理事
15:20-15:30 書類作成、事務連絡、閉会の辞


本県でも推進員の年齢が高齢化している点に鑑み、地域と世代に偏りがなく、
特に未来を担う若い世代には多く参加して貰うように呼びかけを行いましたところ、
県からも「候補者の年齢層が相当若返りましたね」と驚きの言葉を貰った。
また、現に何らかの活動をしている人に絞り込んだ募集であったにも拘らず、
委嘱直前講習である今回研修会には32名もの推進員候補者が出席され、
地球温暖化の県民意識の高さを感じました。
(その後、一般健康診断の結果で辞退者1名)
大分県からは、地球温暖化防止活動推進員の役割の説明と気候変動に関する
政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書の公表を間近に控え、
地球温暖化傾向の予想数値を下方修正する公表になるだろうことが確実視されるのを
踏まえて、温暖化防止対策に一刻の猶予もなく、大分県民すべての人々が、
地球温暖化対策に取組まなければならない、その推進役として頑張って欲しいと
激励された。
その激励を受け、県センターからは、推進員の専門知識の向上、
最新の温暖化対策情報の告知等々活動を一層充実したものにする決意表明をし、
来年から推進員となる候補者の方と一致団結して活動していただけるようお願いした。
第1回研修会は「推進員としての最低限必要と思われる温暖化対策の知識と
具体的な実践行動例を学習」、第2回研修会は「推進員と同じ研修会を体験して、
来年以降の研修雰囲気に慣れてもらいながら、国際的視野を養い地域での
温暖化対策の方向性を見失わず地域活動に取組んで頂く研修」としました。
受講者の便宜を考慮して、最終の第3回研修会はA・Bと2日分割日程となったが、
高知で環境活動を行われている内田氏と大分県センターの桑野恭子氏には、
それぞれ実際の地域活動で取組まれている地球温暖化対策事業の実例の紹介を
して頂き、普及啓発活動の実践方法についての研修をして頂きました。

第3回A推進員候補者研修会
開催日時:平成19年1月26日(金)
開催場所:大分県庁302会議室
研修内容:基調講演
講師・発表者:桑野恭子氏
大分県地球温暖化防止活動推進センター センタースタッフ
演題・テーマ:「推進員として心掛ける『伝える』ための工夫」


[講師からのコメント]
来年度から推進員として活動を開始する候補者の方々に、「推進員として、
自分はどのようなアクションを起こしていかなければならないか?」
「自分の活動を周囲に『伝える』ためにはどのような工夫が必要か?」を、
強く認識していただきたい。そこで、受講者に「〇疚勝廖岫現在行っている環境活動」
「推進員として取り組んでみたい活動」「きの取り組みを行う際に
必要だと思われる『伝える』ための工夫」を各自発表していただく。また、
推進員同士の連携を深めるために、互いの存在を知り、交流を深めるための
キッカケとしていただきたい。


[内容]
まずは講師から、前述の 銑い領れに従って自己紹介が行われた。次に、
講師から「発表の内容を全て覚えるのは難しいと思いますが、
皆さんの名前だけは覚えて帰って下さい。」との声掛けがあった後、
各自1分間の持ち時間で自己紹介が行われた(発表内容が充実していて、
実際は大半の者が5〜20分になってしまったため大幅な時間延長となったが)。
本年度の候補者は、既に生協やNPO,企業などで環境活動を行っている方が多く、
推進員として取り組んでみたい内容としては、子供と一緒に廃材で
楽器をつくるワークショップや洗剤についての勉強会開催,食育フォーラムの開催,
どんぐりを拾って苗木を作るところからはじめる植林,スローライフを提案する
カフェの開催,水辺の生態を知らせるブログの開設,健康な空間・建材の提案など、
様々な切り口から提案が出された。

[センタースタッフから一言]
研修会終了後は、参加者同士で名刺を交換したり雑談したり、といった姿が見受けられた。
県センターとして、平成19年度は「推進員同士の連携強化」をテーマの一つに掲げる予定
にしており、研修会を終えた後も推進員同士の(脱温暖化をテーマにしながらの)交流が
活発に生まれることを促す環境づくりを心掛けたいと思っている。


候補者研修会






第3回B推進員候補者研修会
開催日時:平成19年1月27日(土)
開催場所:ライフパル(大分市府内町)
研修内容:基調講演
講師・発表者:環境カウンセラー  内田洋子氏
高知県地球温暖化防止活動推進センター理事 NPO高知市民会議専務理事
特定非営利活動法人環境の杜こうち 理事
くらしを見つめる会代表&環境首都コンテストチーム
演題・テーマ:これからの環境啓発  〜環境リテラシーを高める啓発を考える〜


[講師からのコメント]
1992年のリオにおける環境サミットから14年過ぎた。
地球温暖化防止の締約国会議も第一次の削減約束期限が迫ってきた。この間、
の運動が日本で動き出したのもこの頃であるし、企業の環境報告書やCSRの動きも
広がった。
日本で動き出したのもこの頃であるし、企業の環境報告書やCSRの動きも広がった。
CMでも”環境にやさしい・・”というフレーズがよく使われたが、現在はどうだろうか。
良くも悪くも、もはや地球温暖化や環境問題は普通に話題に上るようになった。
イメージで説得する時代から、現状の被害の多さを伝えるだけでなく、
日常的な行動を具体的に提案する時代になってきた。これからは、
行動を自ら判断できる環境の知識力を高める環境教育・啓発を進めていきたい。

[内容]
世界各地の温暖化の状況をスライドで見た後、日本の二酸化炭素の排出量や
排出源について、資料を使って説明が行われた。その後、温暖化防止を進めるために
必要なステップ「気づく、学ぶ、共感する、伝える」の流れに基づき、講師が現在まで
取り組んできた環境活動を参考にしながら、具体的な手法について解説が行われた。

[センタースタッフから一言]
講師から「皆が知っている商品を机に置いておくと、意見が出やすい」
「勉強の後は試食、といった楽しみの要素も大切」「1店舗だけでなく
周辺の店舗も巻き込んでマイバック運動を展開する」といった
経験に基づいた具体的な手法を示していただき、参加者からは
「現在計画している活動に応用できそうな点が多々あった。」といった声を多くいただいた。
後日「活動家としてだけでなく、一主婦としての生活から生み出されて普及啓発指導法には、
目から鱗の落ちる思いがした。早速小学校でのワークショップに使わせてもらった」
との情報があった。


候補者研修会






第3回推進員候補者研修会
開催日時:平成19年1月26日(土)・平成19年1月27日(土)
開催場所:県庁会議室、ライフパル
研修内容:講義
講師・発表者:主幹 御沓 稔弘 氏 大分県生活環境部生活環境企画課


[講習目次]
1. 地球温暖化対策の推進に関する法律
2. 地球温暖化防止活動推進員について
3. 地球温暖化問題について
4. 大分県の温暖化防止の取り組み
地球温暖化防止活動推進員移植直前地球温暖化防止活動推進員候補者研修に
先立つ当研修会でも、再び「地球温暖化対策の推進に関する法律」などを示して、
地球温暖化防止活動推進員の制定趣旨や推進員の役割及び立場についての説明
があった。

〈A日程候補者研修会〉候補者研修会








気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書が数日中には
公表されるであろう時期的なこともあって、「温暖化の大部分が人の活動に伴う
温室効果ガス濃度の増加が原因となっている可能性が高い」という前回の公表から
一歩進んだ「温室効果ガスが原因の一つとなっている可能性が極めて高い」
とされる可能性の高い事について言及された。その上で、
地球温暖化対策には一刻の猶予もなく大分県民すべての人々が、
地球温暖化対策に取組まなければならず、推進員になってからは
その推進役として頑張って欲しいと激励されました。
大分県庁にあっても、クールビズを初めとして、消耗品の節約など省エネに取組んでおり、
平成18年の実績が表示された。全体的には削減傾向の実績を示してはいるものの、
コピー用紙のように前年使用枚数より増えた項目もあるなど、まだまだ多大な努力
するべき項目や地道な努力を積み重ねなければならない項目もあり、
推進員の日常の啓蒙活動の努力に置き直すことのでくきる事例ともなった。
受講生に対しては、民生部門に限らず、また民生と産業などを総合した大分県の
各部門における17年度の大分県の温室効果ガス排出にかかるデータが配布された。
(県センターでも、都市圏や気象上重要地点の総合的資料は容易に収集出来るが、
温暖化担当部署が各関連部署に提出要請して収集した大分県のかかる総合的資料は、
貴重な資料と思料された)

〈B日程候補者研修会〉候補者研修会