大分県地球温暖化防止活動推進センターのロゴ

社会福祉法人長陽会 職員研修会
開催日時:平成19年1月16日
講師:NPO法人地域環境ネットワーク理事長三浦、理事桑野
出席職員:56名
平成18年度の、県センターとしての環境学習の主体を、「児童に向けた温暖化防止
の呼びかけをして、児童が学習した内容を家庭に持ち帰って、
家族を巻き込んだ運動に展開させる」という点に置いて活動してきた。
それゆえ、小中学校などの総合学習に織り込んでもらったエコスクール(環境学習)が、
大分県では、温暖化防の研修講座を開催出来る団体が未だ希少である
ことと相俟って、他の小中学校に噂を呼び他校での環境学習を展開する事になった。
その展開が、社員教育の一環として取り上げてもらうことに繋がったのが、
本件事業である。県センターが講師を派遣する事となった紹介窓口は、
災害ボランティアのメンバーであり、「福祉施設が、職員に温暖化防止の意識も
高揚させたいとの趣旨で、研修会を開催したい」ということから話が持ち込まれた。
18年度の主要テーマとした児童向け環境学習に止まらず、大人向け学習の
必要性を一層大きくさせる事業であったとも言えるし、
児童を介した社会人への呼びかけだけでなく、社会人に直接呼び掛ける
研修を併行させる予定であった19年度の企画の先取り事業ともなった。
長陽会






長陽会